駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題
TOPスポンサー広告 ≫ 従姉妹に真実を…TOP未分類 ≫ 従姉妹に真実を…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

従姉妹に真実を…

週末に従姉妹が遊びに来た。大学4年になるそうだ。

従妹 「今年は市役所その他の公務員試験。夏場は試験も卒論も重なって大変」
オイラ 「へぇ。卒論か。懐かしいな。どんな感じ?」
従妹 「労働法のゼミだから、労働法かな。」
オイラ 「労働法か。労働基準法って、【労働者が人たるに値する生活を営むため】ってスゴい出だしだよね」
従妹 「うん」
オイラ 「うちの市役所、来る? 労働基準法って、実は最低限の基準じゃなくて、オレたちにとっての理想郷なんだよ。」
従妹 「?」
オイラ 「学生生活4年で悟れないものはね、社会人を3日もやれば経験をもって学ぶことができるのだよ」



我ながら言い得て妙。
労働基準法ってのは、全て遠き理想郷(アヴァロン)ってやつだろう。

詠唱

体は条文で出来ている

理想は侵害留保で、心は硝子

幾たびの議会を越えて不敗
ただ一度の取下げもなく、 ただ一度の否決もなし

担当者はここに独り  掲示板の前で公布文を貼る

ならば我が生涯に意味は不要ず
この体は、常用漢字で出来ていた

…無限の改正

なんて思った年度末を越えた。ふー。
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
>詠唱
これは、すばらしい。ただ、ただ、すばらしいの一言に尽きます。
やられました。
2016年04月22日(Fri) 00:40
Re: No title
編集
コメントありがとうございました。恐縮です。
2016年04月25日(Mon) 00:07












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。