駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題
TOPスポンサー広告 ≫ 不服審査法と手続法(駄文)TOP未分類 ≫ 不服審査法と手続法(駄文)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

不服審査法と手続法(駄文)

不服審査法改正に伴って、そっと削られた条文がある。行政手続法27条2項だ。


第27条
2  聴聞を経てされた不利益処分については、当事者及び参加人は、行政不服審査法 による異議申立てをすることができない。ただし、…


従前、聴聞を経た処分については、異議申立てできなかったところ、この度の改正で、これが可能になった。

ところが、この条文、行政手続条例の方には、ほとんどの場合、相当する条文がない。
この理由は、行政手続法27条2項と同じ作りにしてしまうと、「条例で法律(不服審査法)の効果を妨げるから」みたいなところにある。と、大先輩から口伝で引き継いだ。一子相伝の立法趣旨である。

ぶっちゃけ、例規屋とすれば、法と条例の谷間に、見落としている様式(教示)があるのかも…と思って探したのだが、うちの自治体にはなかった。

…手続法27条2項は、実務っていうか、どっちかというと、試験問題によく出される感じの印象があったりなかったり。
受験生の悩みの種が1つ消えたというところでよしとしておくか。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。