駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題
TOPスポンサー広告 ≫ 公印取扱主任者代理TOP未分類 ≫ 公印取扱主任者代理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

公印取扱主任者代理

公印取扱主任者が今日から研修出張のため、諸般の事情でオイラがその代理になった。
文書係から時々怒鳴り声が聞こえているのが理解できた。

(例1)

・・・の手続をしてもよいか。
決裁のうえは、


うん。まぁ、このくらいは仕方ないか。

(例2)

○○ならびに○○におかれましては…、
、~の上は~


まぁ、例規じゃないし。良く聞く結婚式のスピーチネタじゃないから、この施行文書でもいいか。
しかし、「尚」を漢字で書きたがる人が多いのは何故か。
オイラ、人生で「尚」と意識して使ったのは諸葛尚くらいだ。

(例3)

【名宛人名】 殿


原課がいいなら止めないけどさ。
たしかに「殿」も、敬語といえば敬語だ。原則として上意下達のときの敬語だけど。

(例4)

○○ワークショップ開催について(通知)
 ↑
14ポイントくらい、ゴチック


…って、おいっ。
公印を押印する施行文書が、何でこんなにポップでキッチュか。
お誕生会かっ

心では激しいツッコミをしたが、見れば若い職員なので、やんわりと話をする。
もしオイラが昨夜に嫁と喧嘩でもしてたなら、直属の係長に内線電話を掛けたがな。

(例5)

○○書の内容について、意義のある者は、○日までに…


…帰れ。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。