駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題
TOPスポンサー広告 ≫ 介護保険条例改正の参考例TOP未分類 ≫ 介護保険条例改正の参考例

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

介護保険条例改正の参考例

昨日、手元に来た情報。

http://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/resources/7f342f25-3c07-43b2-88d7-79d989407a82/%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1vol.465.pdf
(保険料率)
第十五条(略)
2~4(略)
5 第一項第一号に掲げる第一号被保険者についての保険料の減額賦課に係る平成何年度から平成何年度までの各年度における保険料率は、同号の規定にかかわらず、何円とする。
   附 則

(経過措置)
第二条 改正後の何市(区、町、村)介護保険条例第十五条第 項の規定は、平成二十七年度分の保険料から適用し、平成二十六年度以前の年度分の保険料については、適用しない。


何、この附則?

介護保険条例は、もともとの参考例の作り込みがアレだから、たしかに制定附則に減額を置くのも違和感があるし、保険料率を改正した一部改正条例の改正附則を改正するという選択肢もない訳じゃないと思うが、ちょっと勇気が必要だ。

この辺りから(?)か、参考例は、本則にこれを規定するようなので、これをベースに検討する訳だが…。

例えば、15条1項1号の対象の全員が減額賦課の対象になる場合。逆の良い方をすれば、本来の条例15条1項1号に規定する保険料率が適用されるケースがなくなり、これが空文化する場合には、本則15条5項に軽減措置を規定する手法には、違和感が否めない。というか、個人的には、機能しない条文がある例規は好きではない。

何故本則に…

附則の「改正後の何市(区、町、村)介護保険条例第十五条第項の規定は、」は、この参考例だけ見ると、何故この表記なのかわからない。

①整理(整備)条例のような条建ての場合、②直後に略称を作る必要がある場合、などを除けば、通常は、「改正後の第15条」とか「この条例による改正後の第15条」と書き、条例名を書くことはない(石毛・新版214頁)と理解しているのだが…。


この参考例、小官の如き浅学非才の身にはわからないことが多すぎる。深慮遠謀を明らかにして欲しいでござる。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。