駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題
TOPスポンサー広告 ≫ 分かりやすい条文TOP未分類 ≫ 分かりやすい条文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

分かりやすい条文

分かりやすい条文を

という指示をいただいた。法律もそうだ。「瑕疵」という言葉を使えなくなって久しく、オイラ、淋しい限り。

我が社、結構、この指示が実効性を持つようになって、個々の具体的な条文について、偉い人から注文が多い料理店。

本日、

この準用規定、わかりにくい。お前のようなマニアはいいかも知れないが、一般の市民の方が読んで理解できると思うか?もう一度、分かりやすく書き直せ

とご指導を賜った。分かっております。もちろん書き直しますとも。仕事ですから。はい、喜んで。

一般化・抽象化

大陸法系は、基本的に、あらゆる事態の共通項目的な部分を抜き出して一般化・抽象化して、重複記載を避け、コンパクトな法典を実現してきた。我が国の法律も、多くはこのかたちだ。

例えば、民法と地方税法を見れば、いずれが合理性に富み、無駄がなく美しいか、万人の答えは一致しよう。

さて。準用は、コンパクトを実現するための最も合理的なテクニックだ。主語が違うだけで、全く同じ言い回しの条文を、同一の例規で敢えて二度書く必要性を、オイラは一切感じない。だいたい、我が社クラスの市の例規なんざ、多くて20条~30条な訳で、そのうち2~5条が、ほとんど同じ言い回しの条文だとすれば、パッ見れば、コピペミスにしか見えない。もしこれが条例として、議会で「何故、準用しないのか」と聞かれれば、合理的な説明なんかできないだろう。

そんな訳で、抵抗したものの、オイラ程度の理屈など、所詮、政治力の前には紙の盾。哀れイカロスの蝋の翼は融け落ちて、冷たい海の藻屑となりにけり。

愚痴

どうでもいいのだが、根拠法、裁判例を説明し、原課と調整した解釈を説明したら、

「で?都道府県とか、●●市(←中核市)の例規はどうなっているのだ?」

と聞かれた。

こういう言葉って、多分、「都道府県や近隣の大きな市と同じなら、仮に誤っていたとしても、倒れる時は一緒だ」という素朴な安心感があるのかも知れない。

仮にそうであるならば、セイサクホウムなんて、夢のまた夢…。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。