駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題
TOPスポンサー広告 ≫ 異議申立てを棄却する…じゃねぇよ。(ごめんなさい)TOP未分類 ≫ 異議申立てを棄却する…じゃねぇよ。(ごめんなさい)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

異議申立てを棄却する…じゃねぇよ。(ごめんなさい)

2015/2/20 修正

修正前、↓の条文が問題になった件について書いてました。

○地方自治法
(督促、滞納処分)
第二百三十一条の三  
3  普通地方公共団体の長は、分担金、加入金、過料又は法律で定める使用料その他の普通地方公共団体の歳入につき第一項の規定による督促を受けた者が同項の規定により指定された期限までにその納付すべき金額を納付しないときは、当該歳入並びに当該歳入に係る前項の手数料及び延滞金について、地方税の滞納処分の例により処分することができる。この場合におけるこれらの徴収金の先取特権の順位は、国税及び地方税に次ぐものとする。
7  普通地方公共団体の長は、第一項から第四項までの規定による処分についての審査請求又は異議申立てがあつたときは、議会に諮問してこれを決定しなければならない



実際に直面したものを書くのはマズイと、実際の債権ではなく「介護保険料」と変えてみたのですが、よくよく調べてみると、介護保険法には不服審査の特別規定がありました。

引用 介護保険法
(審査請求)
第百八十三条  保険給付に関する処分(被保険者証の交付の請求に関する処分及び要介護認定又は要支援認定に関する処分を含む。)又は保険料その他この法律の規定による徴収金(財政安定化基金拠出金、納付金及び第百五十七条第一項に規定する延滞金を除く。)に関する処分に不服がある者は、介護保険審査会に審査請求をすることができる。
2  前項の審査請求は、時効の中断に関しては、裁判上の請求とみなす。


不勉強で申し訳ありませんでした。介護保険法がますますキライになりました。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。