駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題
TOPスポンサー広告 ≫ 第拾四話 ゼー◯、魂の座TOP未分類 ≫ 第拾四話 ゼー◯、魂の座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

第拾四話 ゼー◯、魂の座

担当課係長に呼ばれ、第5会議室へ入ると、そこには担当課の関係者。促され座ると、机上にはA4サイズで20枚ほどの資料。

「your eyes only◯◯条例(仮称)検討委員会答申」

ああ、昨年、俺が要綱を審査した委員会ではないか。嘆息すると、既に席に座っている人々が次々に口を開く。

担当係長 「お前は今回の条例の上程に反対しているそうだな」
担当課長 「私が頭を下げて委員を集めた私的諮問機関が考えた条文だよ」
担当部長 「ましてや、それを総務部長の耳に入れるなど…、予定外だよ」

オイラ 「担当課への報告は誤報。総務部長は預かり知らぬことです」

?? 「気を付けて喋りたまえ。この席での偽証は死に値するぞ」

(まさか、担当課ではなく、私的諮問機関の委員様が直接お出ましとは…)

オイラ 「議事録を確認して下さっても結構です」

担当係長 「笑わせるな。色々聞かれるのを良いことに、部長や課長に余計なことを喋るのは君の十八番ではないか」

オイラ 「タイムスケジュールはパブコメ案の記述通りに進んでおります」

担当部長 「まぁいい。今回の件について君の責任には言及しない。だが、君が新たな条文を作る必要はない」

オイラ 「わかっております。全ては担当課の原案通りに」

同ヒトゴーマルマル 法制担当執務室

オイラ 「後輩、ドグマを下りて議案調整用データからこの6行を削れ」
先輩  「ま、前文をか! 碇、それは…。担当課が黙っていないぞ」
オイラ 「理由は存在すればいい。それ以上の意味はない」
先輩 「理由?お前の欲しいのは言い訳だろ」
オイラ 「チャンスだ。冬月。議案を入稿すればページ数は増やせない。校正で気づいても何もできん」


次回予告。

ですます調の前文は落とした。だが担当課はそのことは知らない。
そして、約束の議会初日が来る。

迫り来る担当課面目丸潰れの危機。
死の淵に追い詰められる例規担当者。

己の現実に抗い、夢を受容する人々の頭上に、4月異動の内示が静か舞い降りる。
暴かれる欺瞞をあざ笑うかのように。

次回「Air」(嘘)

参考
新世紀エヴァンゲリオン TV版 プラチナ コンプリート DVD-BOX (全26話+ディレクターズカット版4話, 660分) [DVD] [Import]新世紀エヴァンゲリオン TV版 プラチナ コンプリート DVD-BOX (全26話+ディレクターズカット版4話, 660分) [DVD] [Import]
()
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。