駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年11月
ARCHIVE ≫ 2016年11月
      

≪ 前月 |  2016年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

電話にイラッとする

テレビの影響だろうか、「レガシー」とか「ロードマップ」とかもたまに耳に入ってくるが、前者の意味はわからない。
仕事で使えそうなのは、「テクニカルワーキンググループ」(専門部会)とかだろうか…。
なんか、すごいな。いろんな意味で。

テレビ見てて、嫁に「俺、"このテクノクラートめっ!"とか言われるとゾクゾクするかも」と話したら、無言で席を立たれたところだ。


そんなわけで、最近、身の回りで和製英語がブームだ。

電話で打ち合わせとかしてると、
「課のコンセンサスとるから」
「このスキームで行きたいです」
「その件はペンディングで」

…寒い。凍えそうだ。中2病っぽい。サブイボが止まらない。

ここまで和製英語とか中2英語が増えてくると、ちょっと色々混ぜてみてもわかならそうだ。ドラクエ世代だし、勇者ヨシヒコもブームだし、
「その件は、ちょっとパルプンテですね」
とかは汎用性がありそうだと思う(←中2)。

あっ。昔、研修講師したとき、「ラリホーマ」って二つ名を奉られたな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。