駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月
ARCHIVE ≫ 2015年10月
      

≪ 前月 |  2015年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

マイナンバーと条例(題名追記)

さて。以前、個人情報保護条例関係を改正したらしい。
12月議会に、もう1つ条例を上程するとかしないとかいう話を聞いた。
何でも、マイナンバー法で定められた事務にマイナンバーを利用するには条例が必要らしい。

で、根拠法を聞いてみた。ま、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律なんだけど。
条文を読んだが、2つの読み方があるように思えなくもない。

その①
9条
2  地方公共団体の長その他の執行機関は、福祉、保健若しくは医療その他の社会保障、地方税(…)又は防災に関する事務その他これらに類する事務であって条例で定めるものの処理に関して保有する特定個人情報ファイルにおいて個人情報を効率的に検索し、及び管理するために必要な限度で個人番号を利用することができる。…。



⇒この場合、法律に定める事務であれば、条例は要らんだろう。逆にいえば、法律に定める事務については地方の裁量の余地がないという解釈だ。


その②
2  地方公共団体の長その他の執行機関は、その福祉、保健若しくは医療その他の社会保障、地方税(…)又は防災に関する事務その他これらに類する事務であって条例で定めるものの処理に関して保有する特定個人情報ファイルにおいて個人情報を効率的に検索し、及び管理するために必要な限度で個人番号を利用することができる。…。



⇒この場合、法律に定める事務でも条例が必要になるだろう。俗にいう独自事務のみではなく、法律で定めた税なり福祉の分野で番号を使うにも条例が必要ということは、つまり、法律で定めた事務のうち、どれについて番号を利用するかを自治体が取捨選択し、条例で意思表示するということだ。
なので、税の分野も含めて、どの範囲で番号を利用するか、政策的な議論が必要だろう。


-----------------------------------
(11/26追記)
今頃、制定の必要性についての説明というか、経過を聞いた。
率直に言って、どうかしてるかと思った。
付き合う担当課は大変だな。
-----------------------------------
ま、どうでもいいんだけど。判子押さないし。


以下、妄想の与太話。
(11/26削除)
OECDネタは独立しました。
スポンサーサイト

ザーボンさん、ドドリアさん、行きますよ。

ニュースを引用。

全国各地でマイナンバー便乗の不審電話。数百万円の被害も

http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20151009-OYT8T50152.html
劇場型とか、個人情報収集型とからしい。怖いなぁ

「マイナンバー」収賄、逮捕の厚労省室長補佐が容疑認める

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13H5E_T11C15A0000000/
犯人は、ITに強かったらしいですね。オイラ、ITに弱いので、専門用語を並べられると、つい頷いちゃう。

マイナンバー早くも漏れる…誤って住民票に記載

http://www.yomiuri.co.jp/national/20151013-OYT1T50077.html
一番恐れていたこと。


しかし、10/5に施行になって、我々国民への通知が始まったか始まらないかのうちに、
 ・犯罪利用
 ・汚職
 ・漏洩
ですよ。三大ダメポイントが早くも揃いましたね。やはり、制度時代がいかに杜撰かry

何ていうか、ドラゴンボールの喩えたら、ピラフ一味と小競り合いをしている段階で、フリーザがザーボンとドドリアを連れてきちゃった感じですね。


一国民としては、この制度には考えるところがあるが、望む望まずにかかわらず、我々は重要な情報を取り扱うことになるようだ。
細心の注意力を払わねばならない。

番号法と住民基本台帳カード(10.14改題)

友人と綿密にネタ合わせをして、今日、披露した。

@友人の執務室

オイラ「実は、ご所管の例規に、住民基本台帳カードを身分証明にできる旨の記載があります」
友人 「だから?」
オイラ「このカード、番号法施行に伴い、無くなるそうです。」
友人 「だから?」
オイラ「要改正です。」
友人 「当時、法制担当の助言で身分証明書面にしたんだぞ。それをたった数年で要改正とは…バカも休み休み言えっ!!」
オイラ「番号法で住基カードは無くなります」
    (休み)
オイラ「番号法で住基カードは無くなります」
    (休み)
オイラ「番号法で住基カードは無くなります」
    (休み)
オイラ「番号ほ…」
友人 「本当にバカを休み休み言うなっ」
課一同 「わははー。」


もろた。今年のネタグランプリはもろたがなっ。
この手応え。
やはり、ナリモノイリで作った制度が、干支一周するかしないかの間ももたなかったというインパクトが、このネタの肝だ。

10月5日

施行日ですね。いよいよ。

そういえば、消費税還付とかいう話も聞いた。よく解らないけど。
いよいよかぁ。7つのラッパが吹かれたり吹かれなかったり。

引用
http://bible.salterrae.net/kougo/html/
ヨハネの黙示録 第13章

13:16 また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、
13:17 この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。
13:18 ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。


引用
押井守(監督)「機動警察パトレイバー2 the Movie」

荒川茂樹「素敵な話じゃないか。これが俺達のシビリアンコントロールってやつさ」



10月に思う

神々はシジフォスに、休みなく岩を山の頂上まで転がして運び上げる刑罰を科した。山の頂上に達すると石はそれ自身の重さで再び落ちて来るのであった。
無益で希望のない労働以上に恐ろしい刑罰はないと神々が考えたのは理由のあることであった。
カミュ『シジフォスの神話』



二人とも、覚えているだろう。
硫黄の匂い、火あぶり台、焼き網なんか要るものか。
地獄とは、他人のことである。
サルトル『出口なし』



もうダメだ。キテレツ~、寝言は寝てから言うナリよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。