駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年08月
ARCHIVE ≫ 2015年08月
      

≪ 前月 |  2015年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

憲法の改正

米国で同性婚が合憲とされたニュースは記憶に新しい。
http://www.asahi.com/articles/ASH6V7R3KH6VUHBI044.html

我が国も条例で似たような話題があったが、民法を読む限り、これは不可能ではないかも知れない(「両性」という言葉は2条にしか登場しない)。が、憲法24条が「婚姻は両性の合意…」としており、仮に米国と同様の考え方が採られれば、憲法改正をする必要があるだろう(他にも憲法改正の契機はありそうだが、避けておこう)。


@法制執務の研修
オイラ「法体系は、憲法、法律、命令、告示…と」
オイラ「法律や条例などは、改正は溶け込み方式で、しかも、同格の規範で行います…」


では、憲法の場合、どうなるのだろう?

憲法(憲法典)が他の法律よりも高いレベルの規範であるのは通説と言ってもいいかも知れない。法律番号の記載をみれば、「法律」ではない。とすれば、これを改正するには、同格の規範が必要だろう。

   日本国憲法の一部を改正する憲法
 日本国憲法(昭和21年憲法)の一部を次のように改正する。

   附 則
 この憲法は、平成 年 月 日から施行する。


となるのだろうか?

では、公布はどうか。これについては、憲法が独自の規定を持っている。

96条
2  憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。


「国民の名」がどう表現されるかもわからないが、「憲法と一体を成す」というのは…?

溶け込み方式を表現したようにも取れるし、
溶けこんだ後に残る憲法の一部を改正する憲法の附則を指すようにも取れるし、
溶け込まないようにも取れる…。

そういえば、現在の憲法は、大日本帝国憲法を改正する手法が採られている。

(上諭)
朕は、日本国民の総意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至ったことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法第73条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。


スポンサーサイト

盆休み

今年の日付の並びから8/14夜~16が休みだ。で、長野県は諏訪の花火大会を見に行くことになった。

15日払暁。状況開始。関越や254号を走る。走る。走る。で、昼頃諏訪に着いた。おぉ、諏訪だ。諏訪やで。夢にまで見た諏訪や。

オイラ 「ここが諏訪湖。で、あっちが諏訪大社上社らしい。出雲で奮戦した建御名方神が祀られているところ」
オイラ 「で、(多分)あのあたりが御神体の守屋山。蘇我馬子らに敗れた物部守屋を祀る神社があるらしい」
オイラ 「ね。中央で政争に敗れた人たちが諏訪に縁があるみたい。オイラは、記紀の編纂当時(8世紀初頭)、このあたりが政治的なフロンティアだったのではないかと思っているんだけど、興味深いと思わない?」
嫁 「思わない。わかんない。修学旅行みたい。釜飯おいしい。」
オイラ 「そういえば、この”おぎのや”って、『頭文字D』に出てきた店の系列らしいよ。あの時、池谷先輩にもうちょっと…」
嫁 「もう。黙って食べなよ。」
モグモグモグ
嫁 「でも、この陶器の釜、ちょっとカワイイ~。持って帰ろうか」


19:00.花火が始まる。天気にも恵まれ、素敵だ。

尺が大きいし、スターマインはすごい数だし。やはり、湖ということで、人家を気にせずに打ち上げできるのだろうか。他を圧倒する物量だ。この弾幕ならブライト艦長も誉めてくれよう。圧倒的ではナイカ、我が軍は。

特に、近時の流行か、音楽に合わせたスターマインというのが面白い。Shall we dance、BAD、宇宙戦艦ヤマト。煙で見えないところもあるが、要は雰囲気と迫力だ。

で、クライマックスは、一番有名なKiss of fireという花火。湖面から上半分だけ見える花火が2つ。徐々に近づいて、最後はキスを祝福するような花火花火花火。ステキだ。

最後は、ギターの生演奏をバックにナイアガラ。うむ。満足だ。

問題は、帰り。
人。人。人。もう、モーゼの力が欲しい。もはや、車まで辿り着ける自信がない。まして、運転して北関東まで帰るなど、不可能ではないか。で、幸運にも入れたファミレスで時間を潰し、長時間運転に備えてコーヒーを飲む。

どうにか高速に乗り、今度は中央道から八王子、圏央道を目指す。東京方面へ向かえば、最悪の場合でもホテルに入れるだろうという算段だ。幸い明日は休みだ。だがしかし、高速もめっちゃ混んでる。

オイラ 「甲府の手前の双葉で休んでもいいですか」
嫁 「談合坂には食べ物屋さんが沢山あると聞いた。談合坂まで行け。」
(諏訪湖で色々食べてたやん。サイゼイリアでもミラノ風ドリア食べたやんけ。)

オイラ 「そういえば、知ってる?談合坂って、元は"団子坂"っていう説があるんだって。」
オイラ 「あのあたりはね、甲州街道の宿が、犬目、鳥沢、猿橋って続いて、大月市には桃太郎の話もあるんだよ。興味深いと思わない?」
嫁 「Zzzzzzzzzzz…」


もう、行かない。行くなら泊りで行く。
オイラ、諏訪大社とか守矢資料館(←こっちは「矢」)が見たい。実は守矢資料館の前まで行ったが、民家みたいだったので、入る勇気がなく引き返したのだ。それに、多分、鹿の頭とかあるかも知れない。このあたりには御頭祭という奇妙な神事があるのだ。

どうでもいいが、諏訪の諏訪姫、萌えキャラ化してる。
http://www.pmoa.co.jp/suwahime/
諏訪姫…。ガキの頃みた大河ドラマが「湖衣姫」だったので、こっちの方がしっくりくるがな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。