駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題
TOP ≫ CATEGORY ≫ 新世紀・ナンバゲリオン
CATEGORY ≫ 新世紀・ナンバゲリオン
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

奇跡の価値は

※以下、フィクションで、実際の組織、人物、事案とは毛ほどの関係もありません。

委員 「住民票コードが重複していたとは、予定外だな」
委員 「まして、個人番号が重複するとは」
委員 「もしカードが発行されていれば、制度自体の信頼が失われるところだよ」
碇 「委員会への報告は誤報。個人番号重複の事実はありませんが」
キール 「では碇、個人番号の重複の事実はないというのだな」
碇 「ハイ」
委員 「気を付けて喋りたまえ、碇君。この席での偽証は辞任に値するぞ」
碇 「私のパソコンのキーロガーを調べていただいても構いません」
委員 「笑わせるな。事実の隠ぺいは君の十八番ではないか」
キール 「まぁいい。今回の君の罪と責任は言及しない。」
キール 「だが、君が新たなシナリオを作る必要はない」
碇 「判っています。全てはシナリオ通りに」

アイキャッチ
「奇跡の価値は-She said, "Don't make others suffer for my number"」

冬月 「予定外の番号の重複。この事実を知った人類補完委員会による突き上げか。文句を言うだけが仕事の五月蠅い奴らだからな。全く。くだらん連中だ」
碇  「切り札たるモノは、全てこちらが擁している。彼らは何もできんよ」
冬月 「だからといって焦らすこともあるまい」
碇  「支障はない。全て我々のシナリオ通りだ。問題ない」
冬月 「謎のシステム障害によるカード交付の遅れはどうなんだ?俺のシナリオにはないぞ、あれは」
碇  「支障はない。正常化の目途は立っていないが、完成したマイナンバーカードは完璧に機能している」
冬月 (カードにこだわり過ぎだな…)

碇  「国民の金融資産の紐付けも計画どおりだ。2パーセントも遅れていない」
冬月 「では、軽減税率還付と個人購買データのビッグデータへの取り込みは」
碇  「予定通りだ。作業はスーパーコンピューターが行っている。やはり2位じゃダメだよ。2位じゃ」

●元ネタ
『EVANGELION ORIGINAL〈2〉』1996/10

●参考報道

引用
http://mainichi.jp/articles/20160306/k00/00e/040/102000c

障害頻発 カード交付遅れ 運用2カ月

カードの交付数が申請数の約1割にとどまるのは、情報システム機構のシステム障害の影響が大きい。障害の発生は機構が発表しただけでも1月以降7回。パスワードの設定など、交付のために必要な自治体側の作業ができず、住民への交付作業は遅れがちだ。障害がない日でも、「システムの画面が重く、よく固まる」(東京23区の担当者)との苦情は多い。


引用
http://www.asahi.com/articles/ASJ335SRTJ33ULFA022.html

マイナンバーカード受け取れない 謎のシステム障害頻発

1月から動き始めたマイナンバー(社会保障・税番号)のシステムで不具合が続き、市区町村の窓口でマイナンバーカード(個人番号カード)が受け取れない事例が全国で相次いでいる。システムを運営する総務省の外郭団体「地方公共団体情報システム機構」によると、不具合の原因は分かっておらず、正常化のめども立っていない。
 カードはインターネットや郵送で申請し、市区町村の窓口で受け取る仕組み。ところが千葉市では、受け取りに来た申請者が窓口で今後使う暗証番号を登録する際、システムの作動が止まり、登録できない状態になってしまうことがある。
…職員は「いつシステムが動くかわかりません」と対応に追われた。職員の残業も増えており、担当者は「一刻も早くシステムを安定させてほしい。市民には謝り続けるしかない」と話す。
 機構によると、同様の事例は全国の市区町村で起きている。また、カードの申請から受け取りまでの期間も長期化。元々カードの作成能力に限りがあったところに不具合が重なった。機構から市区町村にカードが届いても、交付の処理が遅れる事例も頻発している。

スポンサーサイト

佐藤将軍、斯く語りき

ここのところ、中二病を前面に出した与太話を書いて悦に入っていたが、振り回されるし、論拠になってた安全性に至っては、目を覆いたくなるくらいガバガバだ。

関係ないが、ふと佐藤幸徳中将の話を思い出した。
将軍は、戦後、自らも参加したインパールを、次のように評した。

将軍
「大本営、総軍、方面軍、第15軍という馬鹿の4乗が、インパールの悲劇を招来したのである。」


関係ないが。

状況、ガスッ!

鬼軍曹 「本日は、キッサマらヒヨっ子にぃ、1つお勉強をさせてやる!」
新兵 「サー!イエッサー!」
鬼軍曹 「いいかぁ~。毒ガス兵器が使用されたら~、必ず風上へ逃げろっ!」
新兵 「サー!イエッサー!」
鬼軍曹 「使用したのが味方の部隊でも~、ガスは敵味方関係なく殺傷する、そう、悪魔の兵器だ。」

伝令 「状況、ガス!」
鬼軍曹 「ちぃ。味方の部隊か。しまった、ここは風下だぁ!総員退避!!」
新兵 「わーーーーーーーー」

引用
顔写真は本人で、住所氏名が別人のマイナンバーカードが作られるトラブルです。
このトラブルは全国の数十の自治体で発生しました。マイナンバーカードの発行をパソコンで申請する際のID番号の入力ミスが原因とみられます。ID番号は23桁に及ぶため、間違いが起こる可能性は以前から指摘されていました。カードの発行やデータを管理する「地方公共団体情報システム機構」では、今後、23桁のIDを入力する欄を2カ所にするなど再発防止策を検討しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000068143.html



この制度に関しちゃ、後方から弾が飛んで来たり、梯子を外されるようなことの方が多いので、そろそろ慣れたが…。

葛城3佐 「ちゃんと動くんでしょうね?」
赤木博士 「起動確率は、0.000000001%。オーナインシステムとは良く言ったものだわ」
葛城3佐 「それって、『ちゃんと動かない』ってことじゃないの?」

新世紀ナンバゲリオン 次回 「終わる世界」

無題(改題)

※ この物語はフィクションです。現実の事象、引用元の作品には一切関係ありません。

担当課 「規則改正、月末までに間に合いません!」
碇指令 「やむを得ん。改正事務は現時刻を以て破棄。」
葛城3佐「番号記載欄が設けられません!これでは添付書類が省略できるという法制定の目的がっ」
碇指令 「…」
冬月  「碇、いいんだな?老人たちが黙っていないぞ」
碇指令 「冬月。そもそも市内の申請者は、個人情報保護条例の本人同意条項を使えばクリアできるのだ。この法によって添付不要となる事案は市外からの転入者のみ。一体、年に何件あると思うんだ?」
赤木博士  「この制度によって初めて書類省略になる割合、0.0000…、オーナインシステムとはよく言ったものだわ」

葛城3佐 (嘘…欺瞞なのね。申請者の利便が法の目的ではないの??じゃぁ、この制度の本当の目的は何?)



色白  「キボウ…?あれがリリンの言う希望ですか?しかし、記載しないことに罰則は儲けられませんでしたね?」
モノリス03 「個人番号の記載は、法律又は委任を受けた命令により課された義務だ。これを記載しない申請書は、記載事項不備だよ」
モノリス-税Q1-18 「記載しないことによって、申請を受理しないことはないが、提供を求めた経過等を記録、保存するなどし、単なる義務違反でないことを明確にするよう見解を示しておる。」
https://www.nta.go.jp/mynumberinfo/FAQ/gensen_qa.htm
モノリス02 「いいかね?社会問題になった『消えた年金』は、全国民の共通コードがあれば防げたものなのだよ?」
モノリス03 「すなわち、あの問題に対し用意した回答が、今回の制度なのだ」
モノリス05 「左様。我々人類の未来のために」

色白 「そうか、そういうことか、リリン…。番号の記載を拒否した者は、失敗の反省を踏まえた善後策に乗らなかった者なのだから、将来、もう一度年金が消えても、もはや何の文句も言えない…。つまり、これが事実上の番号記載の担保、そういうことですか?」



ア○カ 「負けてられないのよ、アンタたちなんかにぃぃぃぃ」
ア○カ 「自己情報のコントロール権が認められなかったってぇぇぇぇ」
ア○カ 「こちとら、12000枚の特殊装甲と、日弁連のマイナンバー法の施行に関する会長声明があるんだからぁぁぁ」
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2015/150909.html
ア○カ 「ま、まさか、全ての金融資産に対する個人番号の紐付けに係る統一規格、JISQ:xxxxxシリーズ…完成していたの??」



モノリス
 「時は来た。いささか桁は足りぬが仕方あるまい。」
 「悠久の時を示す 12桁の番号をもって」
 「まずはマイポータルを」
キール  「真の姿に」



オペレータ 「み、みんなの個人資産が…」
オペレータ 「個人資産が次々と紐づけられていきます」
メガネ 「そんな生易しいものじゃないぞっ!貯蓄税と死亡消費税だ!!」
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160202/Postseven_381723.html?_p=2

冬月 「まだだ。まだ税の問題に過ぎん。租税法律主義を最大にすれば耐えられる。」
碇指令 「…」
碇指令 「冬月先生。あとは頼みます」
冬月 「わかっている。ユイ君によろしくな」



次回予告

遂に施行されてしまった法律。次々と名寄せされ、紐づけられる個人資産

夢を失い消費が控えられた1700兆円の個人資産に 貯蓄税と死亡消費税が静か舞い降りる。
暴かれる欺瞞をあざ笑うかのように。

果たして我々は、墾田永年私財法以来の理念を棄て、班田収授、公地公民制へ回帰するのか。

次回 「Air/個人番号を、君に」

涙で、明日が見えない~っ

あけましておめでとうございます。
いや、本当に。
正直、あけないかと思った。


年末の12月議会は、例の番号法の1月1日施行分を直前に控えた、議員の鋭い質問や批判、懸念という剣林弾雨をかいくぐり、どうにか最終日を迎えたのだが、とびっきりのクリスマスプレゼントがあった。すなわち、

「地方税法施行規則の一部を改正する省令等の一部を改正する省令」

要約すると、 「ごっめーん。やっぱ、減免申請にはマイナンバー、要らないや。削って」

税条例の一部を改正する条例、専決では改正できんぞ。
議会で激論の末にどうにか議決いただいたのだ。少なくとも、この場合は専決は難しいだろう、なんぼなんでも。


と、オイラたち地方のフロントラインはね、フラフラになりながら、どうにかこうにか仕事納めに辿り着いて、年末になって、嫁が実家に帰って、ようやく穏やかな休みになったのよ。

で、新年あけましたら、こんなニュース。

引用
■マイナンバープログラムにブログラムミス データ未移行なのに正常「終了」と認識 機構は原因開示を拒否

マイナンバー制度の運用が始まる中、カード発行を担う地方公共団体情報システム機構のプログラムに誤りがあったことが31日、分かった。…東京都葛飾区のマイナンバー通知カード約5千世帯分が未作成だったにもかかわらず、機構のシステム上では正常終了と認識されていた。機構は誤りを修正したが、区に対し具体的なミス原因の情報開示を拒否。…、機構の隠蔽体質が早くも浮き彫りになった。
http://www.sankei.com/politics/news/160101/plt1601010009-n1.html




すごいヤツだぜ、カカロット…。

どうにかこうにか12月議会を乗り切ったら、この仕打ち。

1つめのニュースについては「梯子が外された」と、正直、やや感情的になった部分はあった。反省してる。
しかし、2つめのニュースを聞いたら、どうも、この梯子、飴細工に思えてきた。
大丈夫か? カイジなら、「沼」攻略しちゃうよ?


大変な大変な年末年始。
番号の通知やカード発行を所管されてらっしゃる旧内務省嫡流官庁の上層部は気が気ではない正月だったのではないかと、オイラ、卑小な身ながら胸を痛めていたのだが、そうこうすると、さっそく、1月1日、高市大臣がテレビに出演していらっしゃるではないですか。

「やや、プログラムミスに関する緊急謝罪会見か?」
「議論の多い法律で、この件は反対派の指摘が的中したのだがら、さすがさすが打つ手が早い」

と思いながらテレビに注目。

むむっ。芸人が出てるぞ。
なになに…「超豪華歌うま正月SP 十八番で勝負!! 新春!オールスター対抗歌合戦」とな?

番組(要約)
高市大臣 「私の十八番はX-JAPANです」
司会 「それでは歌っていただきましょう!高市大臣で、X-JAPAN、"Rusty Nail"」


歌っとるがね…。
Rusty Nailかい。個人的にはSilent Jealousyの方が…

でなくて、何やっとんのや。ま、事前録画だろうけど、印象というものがあるのでは??

「どれだけ歩いてみても~ 涙で明日が見えないっ~」
(作詞:YOSIKI)

マイナンバー、差止請求!?

「マイナンバーは違憲」一斉提訴=弁護士ら、全国で-「漏えい恐れ」と差し止め請求

引用
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015120100273
2016年1月に運用開始されるマイナンバー制度は、個人情報漏えいの危険性が高く、憲法が保障するプライバシー権を侵害するとして、弁護士や住民らのグループ計約150人が1日、国を相手にマイナンバーの利用停止や削除などを求める訴訟を、全国5地裁で一斉に起こす。同日午前には、このうち住民ら計約50人が、金沢、新潟両地裁に提訴した。

訴状によると、原告側は、日本年金機構でのサイバー攻撃による約125万件の個人情報流出を例に、官民での情報漏えいのリスクがあるなどと指摘している。
さらに、個人番号カードの不正取得や偽造などによる、成り済ましの危険性も高いと主張。安全対策は不十分で、「プライバシー権の侵害を受忍させるだけの制度の必要性は存在しない」と主張している。(2015/12/01-12:00)



難しいことは解りませぬが…

「情報の利用に同意した者だけが、情報化社会の便益を得る」のは、我が国の個人情報保護法はもとより、その源流のOECD8原則以来の大前提だ(オプトイン原則)。この妥当性は多言を要しないだろう。

で、
・プライバシー権といえば、自己情報のコントロール権として把握されてると学生時代に聞いた記憶があったり、
・オイラのような自由主義者とすれば、プライバシーとは、(国家から)「放っておかれる権利」(byウォーレン=ブランダイス「プライバシーへの権利」(1980))と捉えたいところ。

ふまえると、どんな判断が下されるか興味深い…。

「12月1日」の意味するところ

何故、12月1日か。この日は、誰しもピンとくるものがある。

平成18年11月30日。あの有名な判決が出された。

「住基ネットは、その行政目的実現手段として合理性を有しないものといわざるを得ず、その運用に同意しない控訴人らに対して住基ネットの運用をすることは、その控訴人らの人格的自律を著しく脅かすものであり、住基ネットの行政目的の正当性やその必要性が認められることを考慮しても、控訴人らのプライバシー権(自己情報コントロール権)を著しく侵害するものというべきである。」(大阪高判平成18.11.30.訟務月報53-6-1835頁他)
強調:引用者


とはいえ、このときの裁判長裁判官であった竹中省吾氏は、わずか3日後、すなわち平成18年12月3日。
自宅で、遺書もなく、ハンドバックで首を吊るという方法で、「自殺」された。

今回は、一体、誰の、どんな思惑で、12月1日になったのか。
「リメンバー、大阪高裁」というところか。

だとすれば、その言葉は、それぞれの意味合いで、当事者それぞれの心に、冷たい霜を降らせているのだろう。

思い出

OECDネタ加筆中の駄文だ。

某ナンバー関係で、色々ニュースを耳にする。
ま、どうでもいいんだけど。

「自治体とか国とか、情報の保護はできるのでしょうね」

安心してください。履いてますよ。

否、厳しいお言葉を賜るたびに思い出すのが、

ベルギーの日本大使館の事件。
http://blog.livedoor.jp/newsscrap2ch/archives/50780643.html

これはショッキングだった。

マイナンバーと条例(題名追記)

さて。以前、個人情報保護条例関係を改正したらしい。
12月議会に、もう1つ条例を上程するとかしないとかいう話を聞いた。
何でも、マイナンバー法で定められた事務にマイナンバーを利用するには条例が必要らしい。

で、根拠法を聞いてみた。ま、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律なんだけど。
条文を読んだが、2つの読み方があるように思えなくもない。

その①
9条
2  地方公共団体の長その他の執行機関は、福祉、保健若しくは医療その他の社会保障、地方税(…)又は防災に関する事務その他これらに類する事務であって条例で定めるものの処理に関して保有する特定個人情報ファイルにおいて個人情報を効率的に検索し、及び管理するために必要な限度で個人番号を利用することができる。…。



⇒この場合、法律に定める事務であれば、条例は要らんだろう。逆にいえば、法律に定める事務については地方の裁量の余地がないという解釈だ。


その②
2  地方公共団体の長その他の執行機関は、その福祉、保健若しくは医療その他の社会保障、地方税(…)又は防災に関する事務その他これらに類する事務であって条例で定めるものの処理に関して保有する特定個人情報ファイルにおいて個人情報を効率的に検索し、及び管理するために必要な限度で個人番号を利用することができる。…。



⇒この場合、法律に定める事務でも条例が必要になるだろう。俗にいう独自事務のみではなく、法律で定めた税なり福祉の分野で番号を使うにも条例が必要ということは、つまり、法律で定めた事務のうち、どれについて番号を利用するかを自治体が取捨選択し、条例で意思表示するということだ。
なので、税の分野も含めて、どの範囲で番号を利用するか、政策的な議論が必要だろう。


-----------------------------------
(11/26追記)
今頃、制定の必要性についての説明というか、経過を聞いた。
率直に言って、どうかしてるかと思った。
付き合う担当課は大変だな。
-----------------------------------
ま、どうでもいいんだけど。判子押さないし。


以下、妄想の与太話。
(11/26削除)
OECDネタは独立しました。

ザーボンさん、ドドリアさん、行きますよ。

ニュースを引用。

全国各地でマイナンバー便乗の不審電話。数百万円の被害も

http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20151009-OYT8T50152.html
劇場型とか、個人情報収集型とからしい。怖いなぁ

「マイナンバー」収賄、逮捕の厚労省室長補佐が容疑認める

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13H5E_T11C15A0000000/
犯人は、ITに強かったらしいですね。オイラ、ITに弱いので、専門用語を並べられると、つい頷いちゃう。

マイナンバー早くも漏れる…誤って住民票に記載

http://www.yomiuri.co.jp/national/20151013-OYT1T50077.html
一番恐れていたこと。


しかし、10/5に施行になって、我々国民への通知が始まったか始まらないかのうちに、
 ・犯罪利用
 ・汚職
 ・漏洩
ですよ。三大ダメポイントが早くも揃いましたね。やはり、制度時代がいかに杜撰かry

何ていうか、ドラゴンボールの喩えたら、ピラフ一味と小競り合いをしている段階で、フリーザがザーボンとドドリアを連れてきちゃった感じですね。


一国民としては、この制度には考えるところがあるが、望む望まずにかかわらず、我々は重要な情報を取り扱うことになるようだ。
細心の注意力を払わねばならない。

番号法と住民基本台帳カード(10.14改題)

友人と綿密にネタ合わせをして、今日、披露した。

@友人の執務室

オイラ「実は、ご所管の例規に、住民基本台帳カードを身分証明にできる旨の記載があります」
友人 「だから?」
オイラ「このカード、番号法施行に伴い、無くなるそうです。」
友人 「だから?」
オイラ「要改正です。」
友人 「当時、法制担当の助言で身分証明書面にしたんだぞ。それをたった数年で要改正とは…バカも休み休み言えっ!!」
オイラ「番号法で住基カードは無くなります」
    (休み)
オイラ「番号法で住基カードは無くなります」
    (休み)
オイラ「番号法で住基カードは無くなります」
    (休み)
オイラ「番号ほ…」
友人 「本当にバカを休み休み言うなっ」
課一同 「わははー。」


もろた。今年のネタグランプリはもろたがなっ。
この手応え。
やはり、ナリモノイリで作った制度が、干支一周するかしないかの間ももたなかったというインパクトが、このネタの肝だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。