駄文の杜

ネタ元に対して畏れ多い落書きになったため改題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

あ、ありのまま…

新年度になる前に 言っておくッ! おれは今 税制改正を ほんのちょっぴりだが 体験した

い…いや… 体験したというよりは まったく理解を 超えていたのだが……

あ…ありのまま あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「前に成立した税条例等の一部を改正する条例の第2条を、見出しから次のように改めた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 
おれも 何をされたのか わからなかった…

頭がどうにかなりそうだった… 一部改の一部改とか一部を改正する等とか、
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…


…消費税10パーセントが見送られ、経済の破滅は延期されたかも知れないが、法制担当の寿命は着実に縮んでいよう。
と、誰がうまいことを言えとry…。

そして法制担当11年目の春。
スポンサーサイト

刺し穿つ死棘の槍

そろそろ10年。異動の気配がしないでもない。

そんな訳で、2年前から気になっていた条項ズレと誤字脱字を修正するために、使ってやったぜ。秘伝のゲイ・ボルグ(刺し穿つ死棘の槍)。

説明しよう!

「ゲイ・ボルグ」とは、真名解放すると、「その他、字句の整理を行うための改正」という従たる改正動機を作ってから主たる改正動機を作る因果逆転の呪いによる条例改正なのだ!

我が先輩にして法制担当の光の御子が編み出した対議会用刺突技である。



僕は、

「私は、私だけに見える世界をみんなに見せるための機械だ」。
--ジガ・ヴェルトフ。

と、攻殻機動隊で知った。

さながら、

「僕は、僕だけに見える『法制執務詳解』でみんなの改め文を作るための機械だ」


ああ!!

仕事はじめ

あけましておめでとうございます。

今年も頑張ろうと思うこの頃ですが、例年、年末は、補助金交付要綱の相談が多かったりします。来年度の予算査定などはじまって現実味を帯びた時期だから?でしょうか。財政の経験がないのでわかりませんが。

往年の「エヴァンゲリオン」というアニメには、第666プロテクトという対ハッキングプログラムがありまして、プログラム起動後62時間はほぼ絶対的な防御が展開されるといわれました。

肖って、この時期の法制担当には、第222プロテクトという対補助金交付要綱防壁があり、新たに予算を伴うこととなるものであるときは、必要な予算上の措置が適確に講ぜられることとなるまでの間は、制定又は改正に対する絶対的防御になります。

例年、この第222プロテクトで戦線を支えている間に、財政担当の偉い人が補助金制度を整理・取捨選択してくれるわけですが、どうも、今年は、新規制定の数が多い。この印象は、財政担当の方も同じことを言ってました。

寝言

…公務員法+伴う例規によって人事評価が少しづつ始まったのも、無関係ではないかもしれないですね。困難な行政課題に対して新たに規制を導入して解決を図るより、理由をつけて補助金制度を導入した方が楽ですし。

いよいよ、補助金の効果測定とか見直しとか、みんな大好きなPDCAサイクルってヤツが必要なんじゃないのかなぁ。まぁ、僕が職場で口に出すことじゃないけど、王様の耳はロバの耳って感じで。

電話にイラッとする

テレビの影響だろうか、「レガシー」とか「ロードマップ」とかもたまに耳に入ってくるが、前者の意味はわからない。
仕事で使えそうなのは、「テクニカルワーキンググループ」(専門部会)とかだろうか…。
なんか、すごいな。いろんな意味で。

テレビ見てて、嫁に「俺、"このテクノクラートめっ!"とか言われるとゾクゾクするかも」と話したら、無言で席を立たれたところだ。


そんなわけで、最近、身の回りで和製英語がブームだ。

電話で打ち合わせとかしてると、
「課のコンセンサスとるから」
「このスキームで行きたいです」
「その件はペンディングで」

…寒い。凍えそうだ。中2病っぽい。サブイボが止まらない。

ここまで和製英語とか中2英語が増えてくると、ちょっと色々混ぜてみてもわかならそうだ。ドラクエ世代だし、勇者ヨシヒコもブームだし、
「その件は、ちょっとパルプンテですね」
とかは汎用性がありそうだと思う(←中2)。

あっ。昔、研修講師したとき、「ラリホーマ」って二つ名を奉られたな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。